お金を借りるということ

2015年1月23日 // Posted in お金を借りる  

お金を借りるのはそう単純な話ではありません。
たとえそれがお金でないとしても、借りたものは返さなくてはならず、それが貸金業者に借りたお金だったとしたら、お金に金利がプラスされます。金利が足されたお金を返済するのは簡単なことだとは言えません。そこには苦労が絶えません。
今一度、お金を借りる、ということについて考え直した方が良いかもしれません。お金はとても大切で、人の命さえ動かしてしまうのです。


<お金を借りるのを題材にした創作の物語で大切さを学ぶ>

借金をテーマにした物語は多いです。物語の推進力は主人公の苦労、そして苦労を乗り越えた先にある成長だからです。
「お金を借りる主人公」というのは気苦労が絶えない、主人公にするのにはうってつけな設定なのです。キャラクターがお金を借りるのに至る道のりはさまざまですが、皆一様に返済に苦しみます。とてつもないハイリスクハイリターンなギャンブルで勝負に出たり、金策に方々を走り回ったりします。
最近では貸し付けを行う、闇金融の社長を主人公にした漫画が有名になりましたね。そういった物語から私たちは何を学べるのでしょうか。それは、お金を借りることの恐ろしさです。
もちろん、どうしても生活できない、という状況における借金は仕方のないことといえるでしょうが、物語内のキャラクターのように甘い気持ちやふしだらな利用目的でお金を借りることはおすすめできません。
その返済に苦しむさまも、物語を反面教師にしましょう。


<なんでお金を欲してしまうのか>

お金はあればあるほどうれしいものです。ありすぎて困るものではないですし、たくさん持っているほど幸せになれます。
お金があれば、それだけ好きなものを買うことができます。買えるのは品物だけでなく、何かのサービスも買うことができますし、どこかに旅行に出かける権利を手に入れることもできるでしょう。
お金があればあるだけ、自分の未来を買うことができるのです。
そのような意味も持っている、「お金」をたくさん持っている人はそれだけで魅力的に見えますから、周囲から人気を得ることもできるでしょう。
お金を人生の第一目的にするべきではありませんが、お金は生きていくうえで切っては切れないものです。これから自分の人生をより良いものにしていくためにも、お金を稼いでいくことは大切なことです。
どうしてもお金に困っている人のために、貸金業者や銀行はキャッシングサービスを用意していますが、この取り扱いにも注意が必要です。

This entry was posted on 2015年1月23日 at 12:30 PM and is filed under お金を借りる. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.